特集

注文住宅ならやっぱり地元の工務店

自分の家を買う」ということは人生の中でも大きなイベントのひとつ。どうせ買うなら満足度の高い家を手に入れたいと思うのは当然のこと。そのためには、自分にぴったりの依頼先と出会えるかがカギ。 知識と技術があり、親身になって相談にのってくれる依頼先と出会って、納得のマイホームを建てよう。



地元という限られた範囲で仕事をしているので、その地域の気候風土や交通事情など、地元事情にも精通し、 地元ならではの環境に合わせた提案が期待できる。 また、ちょっとしたメンテナンスや相談ごともすぐに駆けつけてくれる心強いパートナーでもある。


 



注文住宅を建てるうえで、予算は大事な問題。特に自由設計と聞くとコストが高いと思われがち。 工務店ではハウスメーカーのように使用する部材を決めているところはあまり多くない。お客様の 要望にあわせて材料の選定や間取りに柔軟に対応してくれるので、コスト調整の自由度は高い。 また、ハウスメーカーほど経費がかからないためコストが比較的安いコトも魅力である。




注文住宅を建てるうえで大事な事の一つが担当者。工務店であれば打合せがら引渡し後まで 同じ担当者が担当する。コミュニケーションがとりやすく、理想の家のイメージも伝えやすく、 親身に相談にものってくれ可能な範囲で対応してくれる。 また、地元ということもあり入居後のメンテナンスや困ったことにもすぐに対応してもらえて、 安心して暮らすことができる。




工務店といっても各社さまざまな特徴がある。大工さん出身の社長さんが打合せから 現場の指揮に至るまで携わり、丁寧に1棟1棟手掛ける。または、個性豊かな住まいを 追求しているところや、デザインや部材、伝統工法などこだわりを持っている工務店も。 それだけに、どの工務店を選ぶかが大切である。実例や資料を取り寄せてみたり、 イベントに足を運んで、その会社の得意な工法やデザインなどをチェックしてみてはどうだろう。 地元でしっかり仕事をしていることはそれだけ地域に愛されている証拠ともいえる。 気になる会社があったら相談してみよう。

特集一覧